就活終了

就活が終了しました.

きっかけ

まあM進しないことにしたので就活をすることにしました.
M進を諦めた理由メモ - たわし日和

希望

これといって業界に強いこだわりはあるわけではないので,
朝9時とかに出勤しないといけないとか,虚無な研修を無限にさせられるとか,無限残業とか,客先で卍とかがなく,
まあお賃金もそれなりに良さそうなところに行きたいと思いました.(せめて額面月30万円は欲しい!)(はい)

序盤

まずは逆求人系のサービスを使って適当に会ってみることにしました.
就職活動サイト[逆求人ナビ] 就活セミナー 2022年卒,2021年卒,2020年卒,2019年卒, 就職活動 逆求人フェスティバル
サポーターズ | 学生と企業が支援でつながる

自分についてのフィードバックも返ってくるのと,様々な会社の様子などを聞くことができたのでとてもよかったと思います.

中盤

企業からの連絡や紹介などが溜まってきたのでいくつか選考を受けてみることにしました.
かなり就活について舐め腐っていたのでそれなりに痛い目に会うことになります.

1社目

コーディングテストとかぽちぽちやって(簡単だった),
一次面接に到達した. エンジニア2名との面接だった.
面接の時間を間違って30分まえに到着するなどのミスをしたほか,志望度も特に高くなかったので面接について全く考えてなかった.
「志望理由ですか?そうですね...(1時間経過)(誇張)」みたいなことをした.なら受けるなアホ.
無事一次面接落ち

2社目

無事書類落ち ウケる

こんな感じで落ちまくってたので焦る

終盤

連続撃沈 + 書類落ちを食らってすごい泣きそうになった. とりあえず就活用に適当に見せられるもの用意しとくかということで
google/claspにコントリビュートした - たわし日和
プロフィールサイトを作った - たわし日和
こんな感じのことをしていた. いやもっとちゃんとしたことをやれ.

3社目

第一志望の御社ァァァァ.
コーディングテストをぽちぽちやって一次面接に到達した.
エンジニア2名との面接だった. 指示があったのでこれまでやってきたことを書いたスライドを用意した. 面接はスライドの内容について聞かれた. 志望理由などは聞かれなかった.
一次面接を通過した. スライドがあると話しやすいですね.
最終面接は役員面接だった. 証明写真駅で探して撮ってたら遅刻しそうになった. スライドの内容のほか,志望理由,どのサービスに関わりたいかなどを聞かれた.
面接後人事の人が来る. 内定. スピード感の波動を感じた.

所感

高専の時の同級生の就活の時によく見ていた
スーツに七三分けにしてグループディスカッションじゃ!とか
圧迫面接じゃ!とか
手書き履歴書じゃ!とか
SPIじゃ!小論文じゃ!とかがなかったので良かった. あんなの経験したくない...

自分の活動について書いたスライドを用意すると話しやすいし先方も楽なんだろうなあと感じた. 指示されていなくても用意しておくと良いのかもしれない.
先述の通り逆求人サービスも良い. 一日で10社近くの人々と話すのは大変だが,逆求人の中の人のサポートも得られるし,選考スキップなども生える,良い.

内定先は聞かれたら答えます. まあツイット調べるとだいたい察しはつきそうだけど.

一応

就活終了ですが,とりあえずポートフォリオなど貼っておきます. 連絡/参考に
tawatawashi.com
tawAsh1 (Hiroki Nishino) · GitHub

google/claspにコントリビュートした

Google/claspとは

GitHub - google/clasp: 🔗 Develop Apps Script projects locally.

Google Apps Scriptのコマンドラインツール.

TypeScriptとかで書いてある.

 

PRの内容

Fix terminal error when calling clasp logs with invalid projectId and refactor clasp logs by tawAsh1 · Pull Request #535 · google/clasp · GitHub

 

commandsファイルが肥大化しているので、ツールのコマンドをそれぞれファイルに分けようとかいうリファクタリングが行われていたので、logsコマンドを別ファイルに分離.

 

存在しないproject id を指定するとlogsコマンドが終了しないバグを修正.

 

所感

TypeScript初めて書いたけど、すごく良い.

また、このプロジェクトなんですが、結構質の高いコードレビューをしてくれるのでとても良い.これからもコントリビュートしていきたい.

しょうもない感想だが、あの”google”のリポジトリにPRしてマージされたのがとても嬉しい.

 

Web制作者のためのSassの教科書 を読んだ

フロントを書くのは辛い. フロントは辛い...
フロントをちゃんと書いていく必要性ができてきたので,とりあえず雰囲気で書いていたSassをちゃんと勉強しようと思った.

Web制作者のためのSassの教科書 改訂2版 Webデザインの現場で必須のCSSプリプロセッサ

Web制作者のためのSassの教科書 改訂2版 Webデザインの現場で必須のCSSプリプロセッサ

所感

網羅性が高くて良いが,結構デザイナ向けに書かれているので,冗長だと感じることが多かった.

機能まとめを書いた
sakura-lov.hatenablog.com

Sassの基本機能まとめ

Sassを学んだので基本機能をメモした.

ルールのネスト

ルールをネストで表現できる

.item {
  p {
    margin: 0;
  }
}

セレクタの参照

セレクタ& で参照できる

a {
  background: #eee;
  &:hover {
    background: #ccc;
  }
}

プロパティのネスト

プロパティもネストできる

section {
  border: 1px solid #999 {
    top-color: #a99;
    bottom: 0;
  }
}

プレースホルダセレクタ

CSSへの変換後には直接書き込まれないプレースホルダ% で使える

%btnBase {
  text-align: center;
  text-decoration: none;
}
.btn {
  @extend %btnBase;
}

変数

$val_name で変数が宣言できる

$red: #cf2d3a;

.notes {
  color: $red;
}

演算

四則演算とか剰余とかの演算ができる

.e1 {
  width: 500px + 80;
  // 580px
  width: 500px - 80;
  // 420px
  width: 500px * 8;
  // 4000px
  width: 500px / 8;
  // 62.5px
  width: 20px % 4;
  // 0px
  content: "hoge" + fuga;
  // hogefuga
}

基礎関数

色々な関数が用意されている

.e1 {
  width: abs(-15px);
  // 絶対値 15px
  width: round(100px / 6);
  // 四捨五入 17px;
  width: ceil(100px / 3);
  // 切り上げ 34px;
  width: floor(100px / 6);
  // 切り下げ 16px;
  color: rgba(#6a5468, 0.3);
  // 16進RGB(色キーワード)+alpha値->RGBA rgba(106, 84, 104, 0.3);
  color: lighten(#000, 30%);
  // 明度上げる #4d4d4d
  color: darken(#fff, 20%);
  // 明度さげる #cccccc
  color: mix(#000, #fff, 50%);
  // 中間色求める gray

if文

@ifで if文が使える

$cond: true;
@if $cond {
  .e1 {
    width: 15px;
  }
}

for文

@for でfor文が使える

@for $value from 1 through 3 {
  .hoge_#{$value} {
    margin-bottom: 1px * $value;
  }
}

for-each文

@each でfor-each文が使える

$list: a, b;
@each $val in $list {
  .hoge_#{$val} {
    content: #{$val};
  }
}

while文

@while でwhile文が使える

$val: 20;
@while $val > 20 {
  .hoge_#{$val} {
    content: #{$val};
  }
  $val: $val - 10;
}

ミックスイン

@mixin でプロパティの寄せ集めが作れる

@mixin kadomaru($value) {
  border-radius: $value;
  webkit-border-radius: $value;
}

.box {
  @include kadomaru(3px);
}
// .box {
//   border-radius: 3px;
//   webkit-border-radius: 3px;
// }

入門 Kubernetes -Kubernetes: Up and Running を読んだ

表題の通り、オーケストレーション周りとかクラスタ周りとか勉強する必要が発生したので、入門Kubernetesを読んだ.

入門 Kubernetes

入門 Kubernetes

概要

Kubernetesについての基礎要素を解説した本.
GCP/Azureを使って実際に手を動かしながら学ぶ.

所感

基礎的な要素がしっかりまとまっており、これとチュートリアルである程度のことはできそう.
実践的な例 Redis/Ghostなどのアプリケーションのデプロイ例が載っていて参考になる

悪いところ

ノード クラスタ Pod Label オブジェクトという言葉があまり定義されずに出てきて、混乱した.