ソフトウェアエンジニアが行政書士試験を受けた話

やばい!特に必要に迫られて受けたわけでもないのでなんで受けたか~とかソフトウェアエンジニアが受けるメリットとかそういうこと書けない!!!タイトル詐欺!
というわけで勉強法を書きます。

はい

というわけで令和四年度の行政書士試験を受けて無事合格しました。行政書士登録はしてないので行政書士になったわけではないです。

きっかけ

受験した理由は以下の通りです。

  • 学生のころ行政書士取る取る詐欺してて結局勉強も受験もしてないな~せっかく文系資格ゴリゴリやってて楽しいからそのノリで受けるか!
  • 法律面白そう!
  • なんか間違って簡単に受かった感じがしたら法律適正〇ってことにしてそのまま法律系資格ゴリゴリとってあわよくば予備試験までやっちゃうか(やりません)

勉強法

総計の勉強時間は100時間-200時間くらいかな?

合格革命 行政書士 スタートダッシュ

1周読みました。

読んだところであんまり受験範囲の雰囲気をつかむ効果はない気がするので、これ読むよりYoutubeに転がってる簡単解説動画見たほうがいい気がします。

合格革命 行政書士 基本テキスト

1周読みました。

これもまた通読したところで頭にまったくもって残らないので、通読する必要はなかった気がする。

問題演習のときにわからない概念があったらyoutubeとかの解説動画を見たほうがはやい気がする。

合格革命 行政書士 基本問題集

1周やりました。

テキスト通読した後にやったんですが、正直全然解けなかった。
結局そのあと手を付けず。

合格革命 行政書士 肢別過去問集

5周しました。

基本問題集をやった後にやりました。
2周したあとで正答率が80%くらいになってたので、残り3周は問題回して忘れないようにするためにやってました。

結構ストレス発散になって楽しかった。

解説も易しいので解説読めばだいたい概念がわかる気がする。

民法関係は同じ場面をさまざまな条件(例:善意・悪意・背信的悪意者)とかで問うような問題があって、問題だけで覚えると効率が悪い感じ。
そういうのは、基本テキストとかスー過去とか解説動画とかで体系立てて覚えたほうがいい気がする。

合格革命 行政書士 一問一答式 出るとこ千問ノック

3周しました。

解説がぺらいのでこれで試験で問われる概念を理解しようとするのは大変だと思う。

肢別過去問集を2周くらいしてある程度概念を理解した後、概念の応用をこの問題集で試して概念の応用力と理解を深めるみたいなやり方がいいと思います。

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ6 民法 1/2

民法1は理解が怪しいところを補充的にやって、民法2は1周しました。

理解が怪しいところ、いろんな条件で問われるような概念はこの本で補充的に勉強すると、理解が深まってアツいと思います。

やってみた結果

  • 時事的な問題とかニュースを見たときに理解が深まった。
  • 全人類受けるとニュース見るのとか行政がかかわってる出来事、物事を見るのが楽しくなると思います。
  • 次は社労士受けようかな?

2023年の目標

去年はたくさん資格を取ったので今年もいっぱい頑張る!

資格試験

山登り3点セット
情報関係
法律関係
会計、その他
やる気があればやる
  • 統計検定1級
  • 数検1級

  • ボルダリング 初段
    • 2022年は2級が登れたので初段を目指しましょう。
  • リード 5.11a RP
    • リード!!やれ!!!怒
  • 北穂東稜
  • 奥多摩とか丹沢の沢
    • 去年沢一回しか行けなかったから沢山いきましょう(沢と山だけに)
  • 被害者の会でテント泊
    • 行きたいね。
  • トレラン
    • 分水嶺トレイルとかでたいだろ?やれ

エンジニア

  • 何か本を出したい(なお文章力)
  • 登壇しよう

生活

  • 事故らない
    • 車を買うので事故らないようにしましょう。
  • 健康
  • おおむね楽しい毎日With家の民
    • おおむね楽しい毎日を家の民と過ごしましょう(?)

エンベデッドシステムスペシャリスト 受験記

友人が一緒に受けようって言うから受けたら試験当日友人がバックレてた回。(初めてバックレるって言葉使ったかも)無事合格。


感想

午後2がぎりぎりだった〜あぶね〜。
エンベデッドシステムスペシャリストは来年から受験形式が変わって論述式になるらしい。

2022年 買ってよかったもの

RAZER HUNTSMAN V2

23,980円
デスクトップパソコンはelecomのよくわからん適当なキーボードを使っていた。
ゲームやるにあたって変えた方がいいとか聞いたので変えてみた。
ピカピカ光ってかっこいい。あと静か。

Logicool G PRO X SUPERLIGHT

17,320円
デスクトップパソコンはG500sを昔から使っていた。
最近のゲーミングマウスは軽いのが主流らしく、いいらしいので変えてみた。
G500sにあったホイールの高速コロコロ機能がないのでちょっと不便。
でも無線マウスはいいね。机の上が綺麗になった。

240Hzゲーミングモニタ LCD-GC241UXDB

50,000円
ゲームやるなら今どき60Hzとかありえないよね〜みたいな話を聞いたので変えてみた。
240Hzのモニタが5万円とかで買えるのはいい時代になったなとか思った。昔もっと高くなかったっけ。
ちなみに目が腐っていて違いがわかりません。

下のは参考

35インチ湾曲モニタ

70,000円
今どき何枚もちっこいモニタ置くんじゃなくて、大きい湾曲モニタ置くといいよみたいな話があったので変えてみた。
目を動かす範囲が減ってすごい便利。画面も広い。動画が大迫力。最高。

エルゴトロン LX モニタアーム

17,000円*2
モニタは高さ色々合わせたりすると便利だよとか手元空間広げると便利だよってことでモニタアームを買ってみた。
目線の高さにモニタを合わせたら確かにすごい肩とか目が楽になった。手元も広いので色々置ける。特に本とか。
今すぐ買うべき。

オカムラ スイフト

約240,000円
従前はニトリのよくわからん5000円くらいの組み立て机を使っていたけど、高さがあってないのと、天板が歪んでキーボードがガタガタするので変えた。
昇降すると気分転換になるので良い。

BenQ ScreenBar Halo

18,900円
リモートワーカーの中でディスプレイライトつけるのが流行りらしい。
手元が明るくなるので、机で勉強したりなんか書いたりするときにすごい便利。実質ディスプレイライトというかデスクライト?

ホワイトボード

18,300円
今どき部屋にホワイトボードあるのは普通だろみたいな雰囲気が頭いい人の中であって、色々書くのに便利ということで買ってみた。
同居人と謎会議するときによく使ってる。

Yeti X + マイクアームとか

45,000円
リモートワークするなら音質にこだわりましょうみたいな話があったので、買ってみた。
音質良くなったのかなあ?自分の声聞いてないのでわからん。
最近はコンデンサーマイクにしたいな〜とか思ってる。違いがわからないけど。かっこいいし。

Elgato Key Light

22,600円
顔面明るくすると25歳男性の汚い顔が綺麗に見えるらしいので買ってみた。
わしの顔、大丈夫?

webカメラ C980GR

20,000円
macbook pro付属のカメラだと角度が良くない気がしたので買ってみました。
これであなたもひろゆき角度。
今度一眼レフをwebカメラにしようかと思ったが25歳異常男性の顔をそんな綺麗に写してもしゃーないのでは...。三脚とか使って自在に動かせるのはアツい。

食洗機

83,600円
いい加減食洗機が欲しくなったので購入。サイズ的に薄型を選んだけど、食洗機を置く台があれば普通サイズも置けたのでちょっと後悔中。とはいえ快適。グッバイ食器洗い。

iPhone 14 Pro

200,000円(Apple Careとか含む)
iPhone XSも4年くらい使ったし、ということで購入。カメラが増えて綺麗になった。電池持ちがいい。くらいの感想。
なんか年々進化が遅くなっていってる?そんなに感動がない。

Apple Watch Hermès なバンド

78,800円
街出る時はスポーツバンドじゃなくて、おしゃれなの使った方がいいんじゃない?ということで買ってみた。
ブランド物ってなんか強くなった気がするからハマりそう。(別に何も強くなってはいないんだけど)

100万円くらい。
中古納車(納車?知り合いからもらうの待ちだけど)待ち。なので買ってよかったものではない。
でも中古車屋で買わないほうがいいってことが買う過程でわかったので既に買ってよかったもの。
あれ買ってたら利息で70万くらい持ってかれるところだった。ハハハ。大手だからって信用したらダメ。

ちなみにこうなったらしい。

2022年のまとめ

総評

資格オタク楽しい?楽しい!

資格受験

だいたい合格したので良かったですね。

行政書士もマークミスなければ受かってるので良かったと思います。

来年は社労士とかAWS全完(意味ない)とか簿記1級FP1級とかやりましょう。

今年は全然登れなかったです。

冬も楽々なところしか言ってないですね...
沢もシダクラしか行けなかったです。

会長業やってる西野被害者の会ですが、初めての山小屋泊(尾瀬だけど)とか、総会ができたので良かったと思います。

来年こそは被害者の会で北アルプスへ。

ソフトウェアエンジニア業

有名OSSのCVEが取れた(CVSS 9.8!!)のがとてもよかったと思います。
来年はLTとかブログとか書いていきたいですね。
個人開発とかOSS貢献もやりましょう。
技術書も書いてみたいが文章力が...(案件欲しい!)

自分の成長に限界を感じ始めたので、社会人大学院に行こうと思うという決意

最近、自分に限界を感じるようになってきたので自分の考えたことのメモとしていろいろ書く。(人に読ませたい文章ではないです。)

そもそもなんでこんなこと考え始めたか

先週末、TEDxUTsukuba - LIKE AND SEEKを見に行ってきた。
www.tedxutsukuba.com

最近ストリーマーのはつめさん(@hatsumememe)の配信を最近よく見ているのだが、そのはつめさんがなぜか母校つくばの団体がやってるTEDxUTsukubaに登壇するというアツいイベントだった。

TEDxだから〜とか、LIKE AND SEEKっていいテーマだなあとか思って参加したわけではなく、参加してからLIKE AND SEEKというテーマだということを知ったレベルの完全はつめさん目的の参加だった。

そこで、「好き」をテーマにした講演の数々を聞くうちに、私は今、薄っぺらい「好き」をもとに駆動していて、「大好き」なことがないということから現在の成長の限界に直面していることに気付かされ、それについて考えることを余儀なくされた。

経緯はこんな感じで、ここからは成長の限界について考えたこと、どうするかについて書く。

これまでの成長方法1. 資格駆動による体系的知識の獲得

高専の一年生として情報工学の門を叩いた時から、主となる知識の獲得方法は資格試験の受験だった。
情報分野においては、高専一年時にITパスポート、二年次に基本情報と応用情報、三年時にネットワークスペシャリストと現在の情報処理安全確保支援士試験の前身にあたる情報セキュリティスペシャリストに受験し、合格していた。

この知識の獲得方法は現在も続けていて、最近では会計分野の知識獲得のために日商簿記2級やFP2級、法律分野のために行政書士、情報分野ではAWSの認定クラウドラクティショナーやソリューションアーキテクトのアソシエント試験、IPAのエンベデッドシステムスペシャリスト試験などを受験している。

個人の実感として、高専時代に受験した応用情報の知識は現在においても実務の上で、応用的技術を理解する基盤となる知識になっていると思うし、資格駆動による知識取得は入門レベルの知識の体系的獲得には非常に効果的だと感じている。

しかし、資格試験から応用的知識や経験的知見、実際の手の動かし方は得られない。体感として上記の今まで受験してきた資格試験のほとんどが入門から初級的内容の知識までしか得られていないと思っている。
応用情報や情報処理安全確保支援士はエンジニアとしての最低限の知識であるように思えるし、AWSの試験も一日や数日といったとても短時間で合格していることからも要求される理解や知識の量として大したことはないように思える。日商簿記やFPについても本が数冊で収まるような内容だ。

そこで更なるレベルでの技能獲得のために、技術書や記事を読み、業務や様々な大会に出場したり、大会の問題を解くことで技術の向上に努めてきた。

これまでの成長方法2. 技術書や記事からの実践技能獲得

プログラミングは技術知識を応用した問題解決の側面が大きいと思っている。そして、上記に挙げた資格試験が問うのはあくまで最低限の知識のようだし、応用能力を問うような試験は殆どない。

いくら英語の単語帳や文法の本を読んだところで、実際に話したり書いたりしなければ英語を使えるようになるのは難しいし、いくら青チャートを解いたところでミレニアム懸賞問題を解決するのは難しい。
知識は応用しないと死んだ知識だし、技能を習得し、能力を向上していくためには実践が必要だ。

そこで高専時代から、競技プログラミングの大会に出場したり、オンラインコンテストに参加することで数理的知識や能力、プログラミング技術(もっとも、競プロで問われるプログラミングの能力はとても狭い範囲の特化したものだと思うが)の向上につとめたり、様々なアプリコンテストやハッカソンに参加してアプリケーションの作成する能力の向上を目指したり、あるいはCTFなどにも参加した。
職業エンジニアになった現在においては殆ど大会には参加しなくなったが、業務での開発や設計が技術向上につながっているし、あるいは下手の横好きのような雰囲気でやっている脆弱性報告はCVEを2件もらったり
していて、セキュリティの能力として多少は向上しているように思えている。

現れてきた問題

ただ、最近、自分のステータスにキャップがされているように思える。
コンフォートゾーンから抜け出し切れていないようだ。

高専生当時としては前述の成長方法はコンフォートゾーンから抜けていたはずだが、現在となっては資格を受けたところでなかなかコンフォートゾーンから抜けられない。
行政書士だって自分にとってはかなりのチャレンジだったはずだが、大した困難はなかった。

業務では様々なプロジェクトに参画して経験を積んでいるように思えるが、適当で場当たり的な安易な解決策に頼ったりする思考の癖は抜けないし、発展的で新規性のある内容においては自分の脳で考えずリードやカンファレンスなどでの事例など、他の人々の発想にすぐ頼ってしまう。脳が怠けていて、脳みそを絞るように考え尽くすようなことができていない。

これは高専生活の結果にも現れている。

高難易度の問題にかじりついて数日考えることをしなかったので、パソコン甲子園ICPCは本選に出られても入賞できなかった。
毎日CTFの問題に打ち込み、バイナリを読み解くことから逃げたので、高専生に限定した高専セキュリティコンテストでは入賞できても、高難易度CTFの大会で入賞したことはないし、できる未来も見えない。
ハイレベルな英文を読んだりせず、鉄壁から逃げ、脳みそを絞って考えないといけない英作文から逃げたり、簡単なマセマや問題集に逃げたので、筑波大や電通大編入には合格できても、東大には落ちた。 

ひたすら打ち込んで深く考え、数日、数週間、数か月耐えることができていない。
こんなことを書きつつ、この文章を深く推敲して良い文章にすることもしてないし、人に読んでもらえる文章に構成することもしていない。

このままでは、高度な能力と思考方法を持ち、これまでになかった発展的な解決策を考えられるような一段階上のエンジニアには現状なれるようには思えない。

というわけでどうするか。

このできていない活動に共通するのはなんだろうと考えた結果、多くの面で「研究」に含まれることのように思える。

論文執筆や発表は推敲の連続だ。
研究はひたすら一つの事柄について深く考える。
場当たり的で安易な解決策では新奇性があり、論文になるような結果はでないので、高度で緻密な解決策が求められる。

この思考の癖を矯正し、最強になるために論文付きの社会人大学院に行くことにしようかと思う。
というわけで、まずは研究テーマを考えます...。

  1. もしこれを読んだ人の中で、こういう突き詰めて考えることができないという問題を解決された方がいたら、その解決方法を教えていただきたいです。

AWS Certified Solutions Architect - Associate 受験記

Summary

資格試験の禁断症状が出たので、AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト(SAA-C03)の試験を受けました。
合格しました。舐めてたのでギリギリな点数。


勉強方法

AWS認定資格試験テキスト AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト 改訂第2版

簡単なテキスト。一回流し読みした。

後述の問題演習でAWSの個々のサービスの概念とか詳細に掴めるので、もしかすると読まなくてもいいかも。
(逆にAWS全体の見通しと脳内概念図みたいなのがまだできてない人は一度通読すると問題演習の学習効果が上がりそう。)

特にCLF持ってる人は範囲被りも多いので読まなくてもいい気がする。

【SAA-C03版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)

www.udemy.com

CLFでもお世話になった、模擬試験問題集。

演習テスト1~4まで解いた。1周目60 ~ 70 %, 2周目で98%くらい取れてた。

所感

行政書士受けた後にやる試験じゃない。学習期間3日。そろそろ資格試験一服したほうがいい気がする。

どのようにしてAWS Well-ArchitectedなシステムをAWSで設計するかについて101な内容が掴めるとても良い試験だと思います。