入門 Kubernetes -Kubernetes: Up and Running を読んだ

表題の通り、オーケストレーション周りとかクラスタ周りとか勉強する必要が発生したので、入門Kubernetesを読んだ.

入門 Kubernetes

入門 Kubernetes

概要

Kubernetesについての基礎要素を解説した本.
GCP/Azureを使って実際に手を動かしながら学ぶ.

所感

基礎的な要素がしっかりまとまっており、これとチュートリアルである程度のことはできそう.
実践的な例 Redis/Ghostなどのアプリケーションのデプロイ例が載っていて参考になる

悪いところ

ノード クラスタ Pod Label オブジェクトという言葉があまり定義されずに出てきて、混乱した.

アジャイルサムライ−達人開発者への道− を読んだ

突然ソフトウェア開発の方法論とか思想の話に興味ができたので,
アジャイルサムライ−達人開発者への道− を読みました.

www.amazon.co.jp

はじめに

自分がプログラミングを始める前からよく言われていた「アジャイル開発」とかいう単語.
いい加減ちゃんと勉強してみようと思ったのでとりあえず本を読んでみた

思ったこと

アジャイルとは開発手法の一つではなく,開発手法の総称,手法の思想的なものであると感じた.
目標とすること,思想にマッチしプロジェクトの特性に合うことであれば柔軟に取り入れ,効率化をはかっていく.
逆にアジャイル開発に含まれる道具でも,プロジェクトの特性に合わなければ使わないというのがアジャイルの流儀っぽいと感じた.

要約メモ

ここからは要約です!
かなりポエム!

プロジェクトのスタート期

アジャイル流今からコンテンツを作る時の流儀/方法には次のようなものがある

柔軟なチーム

役割はあっても担当はない. メンバーが柔軟に幅広く対応していく.
脱線しますが,これは俺の仕事じゃないから...とかやらない だとか逆に, これ苦手だからやりたくない!イエーイ!みたいなのはよろしくないですよね.

インセプションデッキを使って全体で共通認識を作る

プロジェクトの全体像をはっきりさせ,メンバーの認識を統一し,価値観を共有することはチーム作業をするなら一番大事ですね...
インセプションデッキというもので全体像をはっきりさせましょう とかいう話
ここに詳しくまとまってます.
プロジェクトを始める時にオススメのインセプションデッキの紹介 | toyoshiの日記

ユーザーストーリーを使ってやることを明確に

やることが見えていると安心するし,やることを一つ一つプチプチ終わらせていくのって快感ですよね(私はそうです)
作る時は自分たちだけで考えずに,ちゃんと顧客(そのプロダクトを届けたい人)を入れて考えていきましょうね〜 とかいう話
この記事が面白かったです.
簡単!楽しい!5分でわかるユーザーストーリーマッピング(User Story Mapping) - Qiita

プロジェクトを回していくぜ!期

アジャイル流よし,今からものを作るぜ!プロジェクト回すぞ〜!な時の流儀/方法には次のようなものがある

イテレーションを回すぜ!

二週間程度の期間を決めてプロジェクトにメリハリをつけていきましょう...!
あとは必要以上の分析を行わないようにしよう...
イテレーションnで計画したことを,イテレーションn+1で実行していく.
脱線しますが,分析とか勉強ばっかりやっていても物はできないし,物ができてこそ見えてくる世界がありますね... 百聞は一見に如かず 的な .

意思疎通!フィードバック!で風通しをよくしよう!

人々が協調して働く上で意思疎通はとても大事です. それはそう. という話ですね.
作ったプロダクトのフィードバックもちゃんともらって軌道修正もちゃんとしつつ,必要ならストーリーとかデッキを作り直してしまえ!
よくある意思疎通/フィードバックの方法にはこんな感じがあるよ

貼りものを使って状況が見えるように!

リリースボードやストーリーボード,バーンダウンチャートを壁に貼り付けるなりして,常に進捗状況が見えるようにしましょう.

プログラミングの進め方

これはよくわかっている話ですが,

  • テスト自動化をする
  • リファクタリングを細かくやって,技術負債を貯めない
  • CI/CDをしましょう

をしましょう. という話.
ところで最近ようやく自分の小さなプロダクトを作る時にテスト駆動開発ができるようになってきました. 嬉しい.

まとめ

良書でした.
でも,これ,当たり前の話じゃない?

コードが書けない

コードが書けない

この書き方、汚いな...
これ、設計おかしくないかな...
これ、変じゃないかな...
この変数名...うーん...
なんか冗長なことやってる気がする

そんな事を考えてたらいつのまにかコードが書けなくなった.おわり.プログラミングやめます.

たんぽぽ載せる仕事くらいしかできない.おしまい....

e-ZUKA スマートフォンアプリコンテスト2018 で 企業賞を2ついただきました.

昨年11月に福岡県飯塚市のアプリコンテスト e-ZUKA スマートフォンアプリコンテスト2018にチーム金沢株式会社として応募してました.
結果ですが,ヌーラボ賞と福岡県済生会飯塚嘉穂病院賞を頂きました. :waiwai:

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2018

アプリの内容

機械学習を用いた作業の時間見積もりとその記録アプリ. プラットフォームはiOS.

仕事を早く終わらせるには?というテーマについて応募.
作業時間見積もりって難しいよね,たわしミスって遅刻したりしてしまうことが多いぜ!見積もりやったりちょっとは時間に意識的になろう. ということで制作した.

アプリのバックエンドとフロントエンド,一部のデザインを担当しました.

f:id:sakura_lov:20190206002234p:plainf:id:sakura_lov:20190206002240p:plain

GitHub - tawAsh1/ezuka

ストーリー

きっかけ 7月ごろ

暇なのでアプリコンテストになんかもの作って賞品とか賞金もらって実績生やして :waiwai: しようぜとかいう話が仲間内であった.
開発期間的に良さそうなコンテストとして「e-ZUKA スマートフォンアプリコンテスト」なるものがあることを知ったので,早速応募してみた.
企画書を突貫作業で作ったので2時間程度のクオリティ, まあ通ったらびっくりだなあとチームで話していた.

突然のお知らせ

メールで一次選考を通過したことが知らされる.
通らないと思っていたのでびっくりした.
もちろんコードは一つも書いていない.
チームで焦りつつどうするか考えた.

大炎上ブラックブラザーズ

まあ案の定燃えた.
当初自分の作業はアプリのバックエンド部分のみだったはずが,StoryBoardの学習コストが...時間もないし...ということで,StoryBoardも書くことになる.
UIのデザインとかはある程度プロ達が作ってくれていた. すごい. しかもなんかかっこいい.
当日の9時ごろまで必死に書いた. 書きなぐった. はい. 流石に賞は厳しいかもしれないなと思い始める... ところでスライドは... 自分で作るしかないですね. (分担が悪い)
機械学習部分は弊チームのプロ(@yukinameko0116)が爆速で作ってくれました. 強い.


- Swift での機械学習について 弊チームのプロ

予想外の結果

結果ですが,なんとヌーラボ賞と福岡県済生会飯塚嘉穂病院賞をいただいた. 嬉しい世界.
f:id:sakura_lov:20190206002220j:plain
結果発表 | e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2018

思ったこと

まあ,主体的に動くの大切ですね. スマホアプリ楽しいです. 次は何を作ろうか.
ちょっと残念だったのが,せっかくデザイン班がめっちゃ良いデザインを作ってくれたのに,技術不足と時間不足であまり実現できなかったこと. 悲しい.

f:id:sakura_lov:20190206002508j:plain
夢の跡

Acknowledgement

コンテスト参加にあたり,一般財団法人キャンパスOJT型産学連携教育推進財団からご支援を頂きました.
この場を借りて御礼申し上げます.

Coursera DeepLearningコースを1週間でやった話

冬休み,暇な時間を利用して CourseraのDeep Learning コースを受けていました.

f:id:sakura_lov:20190116110806p:plainf:id:sakura_lov:20190116111041p:plainf:id:sakura_lov:20190116111102p:plainf:id:sakura_lov:20190116111122p:plainf:id:sakura_lov:20190116111136p:plain

コース内容

Courseraというオンライン教育サイトにて開講されているDeepLearningのコースを受講しました.
お値段は1ヶ月約5500円.

講義内容

コースは以下の5つの小コースで構成されています.

一つの小コースに4-5個程度の講義があり,それぞれ1-2時間程度のビデオと実装課題,小テストがあります.

基礎的なニューラルネットワークのコースや畳み込みニューラルネットワークのコースは日本語字幕がありますが,
他のコースはないものが多く,英語字幕を読んで乗り切りました.

講義ビデオ,課題ともにポイントを抑えた充実の内容だと感じました(評論家ぶってみた)

難易度

実装課題はPythonとTensorFlow Kerasを用いて実装し,サーバ側で自動的に出力結果が採点されるものです.
Web上のJupyter Notebook環境で実行でき, 環境構築する必要はありません.

どれもビデオを見て, 問題文やソースコード上のヒントを読めば1時間程度でできるような難易度です.
一部なかなか正解判定にならないものがありましたが,Coursera内のフォーラムを読めば解決できました.

まとめ

5500円でこの内容のコースを受けられるのはとても良いと思います. もっと出しても良いくらい.
もちろんこの内容だけでは実務に携わるのは大変だとは思いますが,
このコースで応用的/発展的なことを学んでいくために必要な基礎事項は全て学べると思います.

めっちゃおすすめ.

受講証

これは全コースを終了した証の受講証

f:id:sakura_lov:20190116113447p:plain

saketakuで日本酒を頼んでみた話

saketaku とかいうサービスを使ってみた

saketaku とは

「美味しさ」と「希少性」にこだわって、1.5万銘柄からプロが厳選。月替りで日本酒を楽しもう!

なるコンセプトの日本酒のプロが厳選した日本酒やおつまみが定期的に届くサービス

届くもの
  • プロ厳選の日本酒(720ml)
  • 一品おつまみ
  • 日本酒の鑑定書
  • テイスティングリスト
  • 日本酒の情報誌

最近たわしは日本酒にハマり始めていたのでサービス登録してしまったぜ!

届いた

というわけで12月分が届きました.
セット内容はこんな感じ!

f:id:sakura_lov:20190109201412j:plain
届いたsaketakuセット

最初はただ何も何も考えず,日本酒とおつまみが届くらしいというだけで頼んだので,色々入っていてびっくりしました(小並感)

まずはメインの日本酒

f:id:sakura_lov:20190109201647j:plain

「ふくよか純米酒 山廃仕込み 如空」なる青森の日本酒です.
鑑定書によると,酸味が強いお酒だそうです(超ざっくり)
ソムリエや鑑定士の方が書いた鑑定書も付いてきます. オススメの飲み方も書いてあるぞい!!

おつまみ

f:id:sakura_lov:20190109202226j:plain

今回のおつまみは豆腐ジャーキーらしい.
おつまみの説明も付いてきます

サプライズプレゼント「金箔」

f:id:sakura_lov:20190109202638j:plain

年末最後のお届け(31日ごろ配達)なので,サプライズプレゼントとして金箔が付いてきました.
ところで金箔といえば金沢ですがこの金箔も金沢産だそうです. 実家が金沢なのでなんか嬉しいですね(小並感!!!!!!)

飲んだ

f:id:sakura_lov:20190109203329j:plain

というわけで早速器を用意して飲みました. 器は献血でもらえる献血10回の記念品です.

冷や酒で飲んだんですが,たわしのバカ舌でも酸味が強いお酒だなあと感じました(小並感!!!)
おつまみは食感が良いのとコクがあるのでパクパク食べちゃったぜ...

値段

左が月一本のお届けの場合のお値段,右が月二本のお届けの場合のお値段です.

f:id:sakura_lov:20190109204124p:plainf:id:sakura_lov:20190109204120p:plain

月一本だと割高感は否めないので,どうせなら月二本がオススメですね!
ちなみにお届け周期も1ヶ月に一回と2ヶ月に一回を選べ,途中でスキップ・解約や本数・頻度の変更もできるそうです. つよい

まとめ

このサービスさいつよすぎる...
将来こんなサービスを作りたい...
というわけでめっちゃオススメです卍


saketaku.com

M進を諦めた理由メモ

年末ごろM進を諦めることにした.
理由を記録しておく.

1.精神的問題

2018年始め頃から人間関係の問題やそれによって酷くなったホームシック、気分の変わりやすさに悩まされてきました.

正直このような状態で優秀な人々でも落伍したり、精神科に通院したりするようなことが発生しうる修士課程を修了するのは困難だと感じました.

私の周囲には、うつ病で退学し、再起に10年以上かかっている人もいます. とても優秀だったはずなのに、発病後は思考力がとても落ちたという話を聞きました.

もちろん、そのような場合はレアケースだと思っていますが、もしそれが自分に発生したとき、酷い精神疾患に罹患したり、再起不能、又は死んでしまうのではないかと怖くなりました.

2. 適性的な問題

編入後、「あなたは研究者向きではない、どちらかといえば起業家なタイプだと思う」と何人かの友人や先輩、高専時代の教員から言われました.

私の興味対象はよく変わります. 私は幅広く物事を知りたいと思っています. 私は、1つの物事を突き詰めて、とても深くまで探求することは苦手です.

と、たしかに言われてみれば、全く研究者には向いていないのではないかと思いました.

3. 社会人修士課程があることを知った

もし、やはり修士や博士を取りたいと思ったらどうしようかと悩んでいました.

最近、情報系の研究やMOT/MBAが取れるJAISTの社会人修士課程があることを知りました.

ならばいつでも取り返しがつくのではないか、心配はしなくても良いのではないかと思いました.

4. 働きたい

6月からいくつかの会社でインターンやアルバイトをしてきました.

私はWeb系の仕事がとても楽しいと感じました. プロダクトを作ったりコードを書いてお金がもらえる事は、高専時代のバイトもせず、Web系のバイト案件も学校側に渋られ、諦めた経験がある自分からするととても刺激的でした.

5. 学部卒で就職しても条件が悪くないこと

10月ごろから逆求人サービスを使っていくつかの会社と面談をしてきました.
多くの会社は学部卒でも満足な待遇が期待できることもあり、条件としては悪くないのではないかと感じました.

6. 経済的困難

実家の様子があまりよくない
んーていうかなんでうちの様子で学費免除ならないんだ?
まあ学費は支弁できる程度の貯金はあるがそうすると余裕がない. 余裕を持った生活をしたい

7.燃え尽きている

もう院試の勉強なんかしたくない. 編入試験勉強でお腹いっぱい

甘えます.